「ドイツ人捕虜が表現した徳島の情景―第一次世界大戦における板東資料の独自性」

カレンダー

10月7日(金)~12月27日(火) 9:30~17:00

画像1

「ドイツ人捕虜が表現した徳島の情景―第一次世界大戦における板東資料の独自性」

欧州を中心とした第一次世界大戦時において、約700万人の戦争捕虜が生み出され、板東では約千人のドイツ人捕虜が収容されて、その板東には様々な資料が残され、なかでも収容所外のスケッチが印象的。異国の日本において捕虜となったドイツ人たちの眼に、板東を中心とした徳島はどのように映ったのか。第一次世界大戦時における板東資料の独自性について着目できる。

開催期間 10月7日(金)~12月27日(火)
開催時間 9:30~17:00
(入館は16:30まで)
開催場所 鳴門市ドイツ館2階企画展示室
住所 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
お問い合わせ 鳴門市ドイツ館
088-679-9110
HP 公式HPほか、関連サイトはこちら

※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。